2017年05月29日

無題

034.JPG

五月らしい好い陽気です。今日は気温も上がりそうですね。まっ、アタシは今日は一日中家にいますんで、関係ないんですけど・・・。

女子プロゴルファーの宮里藍選手が引退を表明しました。正式には、今日の午後記者会見で発表ということですが。
彼女はまだ31歳です。この年齢でプロを続けている選手は大勢います。その中での引退表明、きっと何か理由が有るんでしょう。身体的なものなのか、精神的なものなのか・・・。
現在のトーナメント数を男女で比べますと、圧倒的に女子の方が多く開催されています。このきっかけを作ったのが彼女の出現です。いつも明るい笑顔、質問に丁寧に答える姿、そんな彼女の姿が多くのゴルフファンを生み出したのです。今の若手の中には、彼女に憧れてプロになったという選手も数多くいます。彼女がゴルフ界に残した功績は、計り知れるものではありません。引退しても、何かの形で現在の女子ゴルフ界の隆盛を支えていって欲しいです。

私は昨日、今年2回目の公式競技の予選に出場してきました。今回の競技はハンディ関係なしのガチンコ勝負ですから、仮に普段通りの実力が発揮出来たとしても予選通過の16名に入るのは難しいかな、と思っていました。出場者の氏名を見ても、いわき市内ではそうそうたるメンバーが揃ってましたし・・・。ですから、82で回れればいいかな、というくらいの気持ちでプレーしていましたら、スコアはなんとその通り。今年の予選カットラインは85まで下がりましたので、思いがけずに予選を通ってしまいました。
私は予選を通らないと思って、来週は他のクラブの月例競技に参加申し込みをしていたんですけどね。まぁ、そちらの方はキャンセルするとして、来週は参加することに意義が有る、みたいなゴルフになりそうです。入賞は3位までですから、私の力じゃとてもとても・・・。何とか80を切れたらいいな、と思っています。
でも四大競技のひとつにやっと予選通過、嬉しかった〜♪
【関連する記事】
posted by ひかる先生 at 09:45| Comment(0) | 馬耳東風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

無題

033.JPG

一昨日、昨日ほど気温は高くありませんが、程よい暖かさです。このくらいが五月の平均気温なんじゃないでしょうか?吹く風が気持ちいいです。

二日に来て以来長逗留をしていた次女と孫が、今朝沖縄へ戻っていきました。今回は長女が東京まで同道します。
あと三か月ほどで二歳になるのですが、公園を走り回ったり、家の中で竜くんを追いかけ回したりと、元気いっぱいでした。正月に来たときは風邪を引いていて、われら爺婆もえらい目に遭ったのですが、今回は夜泣きすることもなく、ひと安心でした。
あのような小さな家族が一緒ですと、それだけで家の中の雰囲気というのは変わります。孫の顔を見ているだけで、自然とこちらも和んできてしまいます。大変だったのは、ずっと昼寝無しで起きていなければならなかった竜くんですけどね。
そろそろ言葉を覚えてもいい頃なんですが、どうやら私に似ていて無口なようです。まぁそのうち、うるさいくらい喋るようになるんでしょうけど。ただ、男の子は声が大きですね〜。ちょっとした叫び声でも驚くほどです。あのような、まだ聞き分けのない子供と四六時中一緒にいるんですから、母親ってのは大変ですね。
ひとつ残念だったことは、三週間もいたにもかかわらず、私に懐かなかったことです。(涙)私の顔を見ると、母親の方へ走っていってしまいます。おまえね〜、そんなふうだと次回からお小遣いの金額が変わるぞ。

一昨日の夕方六時頃、教室でのんびりYouTubeでゴルフのレッスンを見ていたら、突然生徒が入って来ました。授業は七時からです。どうしたのかと思って聞いたら、『時間割に六時からと書いてありました。』
こういうこと、私はしょっちゅうやるんですよね〜。特に試験対策の時は時間割と通塾予定二つ作るもんですから、この手の間違いをしてしまいます。準備はすでにしてありましたから、別に支障は無いんですけどね。
試験対策の時はなるべく授業時間を増やしてあげようと、早くから入室出来るようにしています。でも、早く来る生徒、いつもと同じ時間で来る生徒様々です。早く来なかったからといって注意したりはしませんが、それでも学習量にはかなりの差が出来ます。自分にとって勉強とはどういう意味を持つのか、それをしっかり理解出来ていれば、どういう行動をとるべきか自ずとわかると思います。
posted by ひかる先生 at 10:08| Comment(0) | 馬耳東風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

無題

032.JPG

教室の入り口に、郡山の姉が持ってきてくれた紫陽花が咲いています。その紫陽花、ちょっと水をやらないとすぐに萎れてしまいます。水をあげると、シャキーン!植物にとって水っていうのは、とても大事なんですね。

NHKのEテレで『奇跡のレッスン』という番組を放映しています。以前はBSで放映してたんですが・・・。
この番組が好きで、欠かさず録画してもらっています。内容は、世界の一流コーチたちがやってきて、中・高校生たちを指導する、というものです。球技であったりダンスであったり、料理であったり・・・。これがとても面白いんですね〜。子供たちっていうのは指導者によってこれほど変わるものなのかということを、まざまざと見せつけられます。じゃあそれまでの指導者は何をやっていたのか、ってことになっちゃうんですけどね。(笑)
基礎が出来ていない段階の子供たちというのは、指導者によってどうにでも変わるもんなんですね。その指導者たちに共通していることは、出来ないことを注意するんじゃなく、出来たことを大袈裟なくらい褒める、ってことです。国民性の違いってのもありますが、外国の方たちは褒めることが上手です。日本人って、大きな声で褒めるってことをあまりしませんからね。それが子供たちにも新鮮なんでしょう。
褒めるか〜・・・。私の一番苦手な分野です。とにかく、生徒を褒めるということは滅多にしません。下手なんです。ですからたまに褒めると生徒たちは保護者の方に話すらしく、保護者の方からすぐにお礼のメールが来たりします(汗)。
あと何年この仕事を続けるか分かりませんが、私も褒めるってことを覚えなきゃいけませんね。そうすりゃ生徒たちの成績も、もっともっと伸びるかもしれません。さあ、今日から練習してみようかな?(笑)

試験対策も終盤を迎えます。大体いつも通りのペースで進んでいますが、二年生たちがちょっと遅いですかね。
この試験対策の期間に、範囲の中の漢字を覚えるまで必ずやらせます。国語のテストでは、漢字は平均して20問出題されます。これを取りこぼさないようにするためです。平一中のように一学年に200人前後いる学校では、20点違えば20番順番が違ってきますからね。本来なら漢字などは自宅でやるべきことなんですが、生徒たちは範囲表に書いてあるにもかかわらず、絶対と言っていいほどやりませんから。
大体において生徒たちは範囲表を見ません。昨日も二年生に一年生の数学の問題を渡したら、驚いたような顔をしていました。
範囲表にはテストのヒントがたくさん載っています。しっかり読んで下さいね。
posted by ひかる先生 at 09:45| Comment(0) | 馬耳東風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

無題

最近のお気に入り

posted by ひかる先生 at 17:42| Comment(0) | 馬耳東風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

無題

031.JPG

久し振りに日が射しているんですが、いつまで持ちますかね〜?天気予報ではすでにこの時間、雨が降る予報になっているんですが・・・。

秋篠宮眞子内親王様がご婚約される、そんなニュースが流れました。大変お目出度いことです。お相手の青年は『海の王子』だとか・・・。なんかちょっと呼び名がウスいですね。(苦笑)
皇族の女性がご結婚される時にいつも問題になるのは、女性宮家について、です。皇族の女性は一般人と結婚すると宮家を離れなければなりません。現在の皇族の方々を見ると、男性皇族の数が大変少ないんですね。ですからこのまま行けば、皇族はホンと、限られた数になってしまうんじゃないかという危惧はもっともなことだと思います。
それを留めるためには皇室典範という法律を改正しなければいけないわけですが、今の内閣はどうやらその気がないようで、大変慎重な姿勢を通しています。
どんなもんなんでしょうね〜。皇室の存在そのものがあまりに無縁過ぎて、私のような一般人には考えも浮かびません。居てもいいし、居なくてもさほど私らの生活に関係ないし・・・。
ただ、自分の出処進退を自分で決めることが出来なかったり、どこに行くにも常に監視の目が有ったり、とても不自由な生活なんだろうな〜、と可哀想に思ってしまいます。そんな思いをしていながら私たち国民の心の拠り所になっているんですから、もう少し敬意を払わなければいけないのかもしれませんね。

昨日は赤井中で中間テストが行われました。
最近の塾生を見ていて感じることは、積極的な生徒が少なくなってきた、ということです。以前は試験対策の時に、私がのんびりすることが出来ないくらい質問に来る生徒が多かったのですが、最近はほとんど来ません。チェックを受ける際の質問もほとんどありません。このあたりに成績のいい生徒とそうでない生徒との差が有るのかもしれません。成績のいい生徒は、気になることは解決したいという意欲が有ります。ですから当然質問も多くなります。そうでない生徒は、あまりそういったことに拘泥(こうでい)しません。だから成績も伸び悩むことになるのです。授業中にも常々そういう話はしているのですが、なかなかそれを実行してくれません。
親に言われて渋々塾に通い始めるスタートラインは両者とも一緒です。ただそこからの姿勢で成績には雲泥の差がついてしまうのです。二年生諸君、もうちょっと頑張ってくれないかね?
posted by ひかる先生 at 09:20| Comment(0) | 馬耳東風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

無題

030.JPG

ちょっと肌寒いですね。こういうお天気が一番嫌いです。曇っていてもいいから、もうちょっと気温が高けりゃいいのに・・・。

小雨降る中、昨日は今年最初の公式競技に参加してきました。結果はあと2打及ばず、予選落ちでしたが・・・。前半大叩きしてしまいもう予選通過を諦め、後半は適当にプレーしていたんですが、上がってみたらカットラインが意外に低くてびっくりしました。
競技によってある程度カットラインというものを想定して臨むのですが、ゴルフ場によって意外と差が有るものです。現在私はサラブレッドカントリークラブと塩屋埼カントリークラブの二つのコースに所属していますが、サラブですとカットラインはもっと高くなってしまいます。同じ『理事長杯』という競技で比べると、8打近く差が有ります。事前のリサーチが足りませんでした。もっとも、仮に予選を通ったとしても次週の決勝は日曜講習が有るため欠場しなければいけないのですが、それでも予選を通るのと通らないのとでは気分的に違います。
最近ゴルフについて改めて気づかされることが多くて・・・。やはりゴルフといえども、終始頭を使わなければいけないのだと改めて思います。これまで何も考えずにプレーしていた時の方がスコアが良かったりするのですが、それでもそれは砂上の楼閣であって、一つ一つしっかり理由の裏付けを持たなければ、本当の意味での実力とは言えないのでしょう。向上心や悔しさを持っているうちは、競技を続けられるのかな?

今年の中間試験の日程は赤井中だけ早くて17日、他の中学校は来週の後半になっています。こうなって来ると試験対策の日程を決めるのが難しくって、今回赤井中の生徒には5日間しか対策を組めなくなってしまいました。日曜講習も受講することが出来ず、ホンと申し訳ないことをしたと思っています。
多分このブログで毎年書いていると思うんですが、市内の中学校全てで、試験のスケジュールを統一してくれたらいいのに・・・。そうすれば中体連や学校行事の日程なんかにも支障が出ないと思うのですが。
幸い赤井中の生徒たちは成績のいい生徒たちですのでそれほど心配はしていないのですが、それでも私の仕事は生徒たちに自信を持って試験に臨ませることですので、試験対策の組み方にもっと気を配らなければいけませんね。
posted by ひかる先生 at 09:48| Comment(0) | 馬耳東風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

無題

029.JPG

朝からけっこう気温が高いです。教室の中はそうはいきませんが、表にいるなら半袖で十分しのげます。いい季節になって来ました。

最近の国会を見ていると、自民党、結構失点を重ねているのですが、野党がどうにも攻めきれていない印象を受けます。安倍さんの薄い唇や、麻生さんのねじまがった唇からうかがえる余裕を不愉快に感じているのは私だけでしょうか?
民進党代表の蓮舫氏、どうにも頼りなくて、あの方では百戦錬磨の自民党議員たちを攻めきることは無理でしょう。
政治の世界はある種喧嘩と一緒で、どれだけ修羅場をくぐってきたかが勝負の分かれ目になります。その伝から行くと自民党議員たちはたくさんの修羅場をくぐって来ていますから、性根の座り方が違います。まっ、有り体に言えば厚顔無恥っていうんですけどね。あの金田さんの顔なんか見ていると、つくづくそう感じます。
今の野党、どれを見ても与党に対抗できる論客がいません。ということは、しばらくは自民党一強の政治体制が続くということです。安倍さんになって、国民生活、何かいいことが有りましたか?恩恵を受けたのは大企業だけで、我々レベルでは良くなるどころか悪くなっています。その所をもっと真剣に考えて、国政に反映させなければいけません。国政に反映、つまり選挙で、です。選挙に行かない有権者が半数近くいるわが国では、無理でしょうけどね。

今日から試験対策に入ります。いつものように、一年生に対しては何も言いません。やりたいようにやらせて、今の自分の力を分かってもらいます。
二・三年生にはガンガン行きますよ。特に二年生、もう少し頑張ればそこそこの順番を取れる連中なんですが、どうにも意欲が有りません。
ただその中で一人だけちょっと授業態度が変わってきた生徒がいます。一年生の時は授業中、ん???センセ、なに言ってんのかな?って感じだったのが、最近は私を見る目つきが違ってきました。家でも少しだけ勉強をしているようです。こういう生徒の順番を上げてやれたら、そこから一気に伸びるんですけどね。注視したいと思います。
三年生は新入の生徒に期待しています。入ってきたときの順番は真ん中よりちょっと下。でも、この生徒は一気に行くような気がしています。
センセ、伸びるかどうかなんでわかるの?って聞かれますが、誰にでも分かる簡単なことです。授業中の生徒の目を見れば100%分かりますよ。
posted by ひかる先生 at 09:39| Comment(0) | 馬耳東風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする