2017年11月20日

無題

018.JPG

どんよりとした空模様で、寒いですね〜。いよいよ冬本番といったところでしょうか?冬なんか、無くてもいいんだけど・・・。

大相撲の暴力事件、いつになってもスッキリ話が見えてこないですね。要は酔っぱらいの喧嘩でしょ!?もっと単純に物事が解決しそうなもんですが、それをわざと複雑にしている人物がいるようですね。
仮に殴られた方が礼儀にもとることをしていようと、またどんな関係であれ、殴った方が悪いに決まってます。日馬富士は暴行の事実を認めているんですから、その事実にのっとり粛々と事を進めていけばいのです。
ただ、相撲協会というのは複雑な組織のようで、同じ理事であっても横綱経験者、大関経験者、三役経験者など色々いますから、現役時代の上下関係も絡み、聞きたいこともしっかり追求できないんじゃないでしょうか?
この事件に余計なことまで絡めようとしてはいけません。最初に書いたようにただの喧嘩なんです。その点だけを見据えて、物事の解決を計ればいいと思います。
色々な問題からやっと立ち直り、連日大入り満員になるまでに復活した相撲人気、これでまた逆戻りにでもなったら旧の木阿弥です。場所終了後の速やかで明快な解決を望みます。

平一中と草野中は期末試験が終わりましたが、小川中、赤井中、平二中、平三中と、まだ実施されていない中学校が残ってます。明日は小川中と平三中で期末試験が始まります。
試験前日は、次の日の教科の問題を前以って私が机に揃えておきますので、ひたすら問題を解くだけです。その問題も、殆んどは試験対策期間中にやらせた問題ですから、質問は全くありません。それで問題が足りなくなったら私に頼み、追加の問題をまたこなす、というようになっています。
平一中の生徒の保護者の方からは、ポツリポツリと返された教科の点数の連絡が有ります。悪くなさそうな按配ですね。
点数を上げるなんて簡単なんです。覚えなければいけないことを繰り返し、いかに知識を定着させることが出来るか、それだけに注力すればいいんです。それが他の塾では徹底できないから、成績が上がらないんです。難しい事じゃないと思うんだけどな〜。
【関連する記事】
posted by ひかる先生 at 13:55| Comment(0) | 馬耳東風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

無題

017.JPG

いいお天気ですが、ちょっと風が強いです。今日あたりから結構冷え込んでくるようなので、体調管理に気をつけなければいけませんね。

学校では三年生たちの三者面談がほぼ終了しているようなので、昨日生徒たちの今現在の進路希望をそれぞれ聞いてみました。ちょっと危なっかしいな〜、という生徒が3名ほどいましたが、残りは順当な高校を志望していました。
ただ、毎年思うことなのですが、生徒たちの志望動機に『部活動』がかなり大きなウエイトを占めているのは、誰か諭してやれないものなのでしょうか?確かに中学生くらいだと学校生活は、勉強&部活、なんでしょうが、将来を見据えた進学先を教えてあげるのも教師の役割なんじゃないでしょうか?
今やっているスポーツを続けたとしても大学まで、つまりあと7年です。スポーツで飯が食えるようになるなんてことは並大抵のことではありませんから、大体はそこで終わります。そこから残された人生は60年近くあります。働いている期間だけでも40年です。それを考えた志望校選びをして欲しいのです。
何故こんなことを書いたかというと、生徒たちは自分がやってきたスポーツを続けたい、もしくはその競技が強い高校へ行きたいがために志望校のランクを落とす傾向が有るのです。これは上に書いた観点から考えたら、とても勿体ないことです。日本は何だかんだ言っても学歴社会です。学校のランクによって就職先が決まる、この事実が厳然と存在しているのです。就職先が違えば収入も違ってきます。人生金じゃない、なんて言っているのは金持ちだけです。お金は有った方がいいに決まってます。そのためには少しでも就職に有利な進学先を選んだ方がいいのです。
学校の教師も保護者も、なぜその点を生徒に諭せないのでしょうか?進学先はその生徒の学力相応だから、で決めるのではなく、もっと将来のことを見据えて決める必要が有ると思います。

ただね〜、いくら私がここで息巻いても、三者面談で言っても、生徒たちの決心はなかなか揺るがないのですよ。なぜなら、学校の教師が生徒の考えを指示するから、です。学校の教師はとにかく高校に入ってくれればそれでOKなわけです。まして仕事選びで苦労した経験もありません。私は、これまで自分が仕事で苦労してきたからこそ、そういった点を伝えたいのですが、やはり生徒の中では私の存在より学校の教師の存在の方が上なんです。いまだに『医者様、先生様、村長様』なんでしょうね。
うちの三者面談は定期試験の都合で再来週です。いつも通り、言いたいことをはっきりと言わせてもらいます。どっちの判断が正しかったか、それが生徒たちに分かるのは数十年後です。
posted by ひかる先生 at 09:24| Comment(0) | 馬耳東風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

無題

016.JPG

いいお天気ですね〜。こんな日に教室にこもっている人の気が知れない!ゴルフに行きたいな〜。

先ほど、うちの竜くんをトリミングしてもらうために、大町の動物病院まで連れて行ってきました。この動物病院、私の高校の同級生が経営しているんですが、最近新しい先生が常駐し、同級生はと言えば、半ば引退したような形になっています。
いいな〜、引退。まぁ、普通に考えれば我々の年代は、そういう年頃なんですよね。ただ、貧乏なアタクシはまだまだ働き続けなければいけません。若い頃、老後のことなど考えず転職を繰り返していた報いですから、甘んじて受け止めますけどね。
この病院には彼の娘さんも一緒に働いています。その娘さん、実はうちの塾の卒業生でして、私が行くたびに変わらぬ笑顔を見せてくれます。こんな形で生徒との縁が続いているのも、珍しいケースです。
うちの犬は三匹ともここから求めたのですが、もう、犬が一緒にいない生活は考えられません。茶の間に座るとそばに犬がいる、これが25年近く続いてますからね。犬がそばにいるだけでちょっとは気が休まる、有り難い動物ですね。

期末対策、平一中と草野中の生徒は終盤を迎えています。ただ、この前もここに書きましたが二年生たちのペースが上がってこないので、今日から三日間、平一中の二年生だけは4時間の連続授業ということにしました。ホンと、のんびり屋さんが揃ってますんで、センセ、大変ですよ。こっちがあれこれ気を揉んでいるのに、当の本人たちは・・・。(笑)
ただね〜、不真面目でのんびりしているわけじゃないんですよ。一生懸命やっているんです。だからその努力を何とか結果に結び付けてあげたいんで、いろんなことを考えるんです。ホンとにね〜、もれなく可愛い生徒たちなんですよ。
posted by ひかる先生 at 10:15| Comment(0) | 馬耳東風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

無題

015.JPG

朝方、凄い風でしたね。こんな日には散歩に出ることは出来ませんから、横になっていました。なんか冬っぽくなって来ましたね。

先日こんなことが有りました。
あるゴルフ仲間にラインで連絡したんですが、いっこうに返信が無いし、既読にもなりませんでした。その男性は以前にもそういうことが有り、ちょっとムッと来ていたのですが、それが2回目ともなれば話は別です。即座に電話番号を消去し、お付き合いすることも止めました。
私は常識にうるさい、これはうちの塾の保護者の方なら誰でもが知っていることです。もしそういったことを守らなければ、保護者の方にも平気で注意しますからね。(笑)
ただ、人と人とが付き合う上においては、常識を守るってことが基本だと思うんですよ。それを守れないような相手なら、付き合うことを止めればいいだけのことです。
私はこんな性格ですから、友人と呼べる人はとても少ないです。でも、それでいいと思っています。友人に頼らなければ生きていけないわけではありませんし、何よりも、私は自分の主義を通して生きていきたいですからね。

試験対策も三日を過ぎましたが、ちょっと今回は難しい単元も入っているということで、なかなかペースが上がって来ませんね〜。平一中以外は少し長めに期間を設定しているので支障ないと思いますが、一中の生徒が心配です、それも二年生。
授業でやったことを一切復習してないから、同じ問題をやらせても、また考え込んでしまう、その繰り返しです。ちゃんとやっとけよ!と言うと、返事だけはいいんですけどね〜。(汗)
こんな手強い生徒たちは初めてですけど、それでも何とか結果を出してあげないと・・・。それが私の仕事ですからね。
成績は徐々に上がっては来てるんですが、まだまだ物足りなく感じています。私の努力も足りないんでしょう。
posted by ひかる先生 at 09:24| Comment(0) | 馬耳東風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

無題

014.JPG

強烈な冷え込み方ですね。私が散歩から帰ってくるまではまだお日様は山から顔を出しません。そのかわり、真ん丸のお月様が暗い道を照らしてくれています。夏井川には川霧が発生し、白鳥さんたちを、より優美に見せてくれていました。

KIMG0016.jpg

なんだか分かりますか?まぁ、写真がぼけていて丁度良かったって言えば丁度良かったんですが、『モズの速贄(もずのはやにえ)』です。うちの玄関わきに小さな植込みが有り、先日妻が『お父さん、ちょっと来て。』と呼ぶので出てみたら、トカゲが刺してありました。
この時期モズが虫や小動物をとらえて、木の枝に挟んだり刺したりしておきます。それをとうのモズが春先に食べるのかと思いきや、殆んどは他の鳥に食べられてしまうのだそうです。ただ、この速贄にはいろんな説が有り、どれが正しいのかはモズに聞いてみなければわかりません。(笑)
10年ほど前にも、毎年蛙やトカゲが刺してありました。ここしばらくは無かったのですが、新しいモズがこの場所を見つけたのでしょうね。これからまた数年続くのかな?
こんな小さな鳥でも、冬に備えているんでしょうね。うちの前の畑には、カボチャが2個だけ残されています。これは、その畑の持ち主さんが、わざと残してあるんです。今の時期は鳥は見向きもしませんが、年が明けるといろんな鳥たちがついばみに来ます。こうやって命をつないでいるんですね。

今朝、新聞の折り込みを見てたらビックリ!!!なんと、平窪に◎◎大◎◎会が新しく教室を出すんだそうです。しかし、あそこもどんな市場調査をしてるんでしょうね。まぁ、その辺をプラプラ見て歩っただけでは塾なんか見当たりませんから、絶好の場所だと思ったんでしょう。でも確か、あの建物、駐車場が無かったような・・・。
どんな塾がそばに来ても負ける気はしませんが、あのチラシで惑わされる保護者や生徒が出てくるのかと思うと、ちょっと可哀想です。ついつい『無料』に目が行っちゃいますからね。でもあそこは、市内で一番授業料が高いし、最近の評価は必ずしも・・・。
うちにも少なからず影響が有るかもしれませんが、まだ出来てもいないものを気にしても仕方ありませんので、自分の仕事をしっかり全うするだけです。さぁ、今日から試験対策だ!
posted by ひかる先生 at 09:20| Comment(0) | 馬耳東風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

無題

013.JPG

気温もそれほど低くなく、風もないし、いいお天気です。しばらくは、穏やかなお天気が続きそうです。

ここ最近、殆んど読書をしていません。何なんだろうね〜、私の性格は。読むときは、片時も本を手放さず、一週間に5冊くらいを4か月くらい続けるのに、読まなくなると何か月も本を手にしなくなります。
ただ、最近本をあまり読まなくなった理由のひとつに、視力の低下が上げられると思います。私は近視、老眼、乱視と三つを抱えているのですが、なんか老眼と乱視が進んでいるような気がします。
先日眼科に行った時も、『乱視がひどいですね〜。』と言われてきました。その医師、『乱視でいいのは、財布の中を見るときだけですよ。』なんてくだらないジョークを言うのでずっこけちゃいましたが・・・。
視力の場合、これから改善されるということは無いでしょうから、このままの状態をいかに維持していくか、なんでしょうね。
とにかく、本を読んだり、テキストにある細かい字の問題を解いたりしていると、かなり疲れを感じるようになってきたんですよ。それもあって、本から縁遠くなってきてるんだと思います。まぁ、いざとなったらKindleが有りますから、そちらの画面で字を大きくして読もうと思っています。本を読まないと、ますますおバカになりそうな恐怖を感じています。

来週から期末試験対策に入りますので、今週は各学年ともに復習に充てています。ホンと、感心するくらい忘れているんですよ。表彰状でもあげようかしら。(笑)
これでも、うちの連中はやっている方だと思います。自宅にいる生徒なんかだと全く忘れた状態で定期試験に臨むんですから、大変でしょうね。
うちの場合他の塾よりちょっと高めの料金設定になっています。でもそれは、成績向上にそれだけ自身が有るということの裏返しであり、また高い料金を頂いている以上いい加減な仕事は出来ないという、自分への戒めにもなっています。
お金を頂戴するということは、大変なことです。相手に納得して払ってもらわなければいけないわけですからね。私の仕事の危うさは、ほんの少しでも私が気を緩めてしまうと、それがすぐに生徒の成績に反映されてしまうところにあります。さぁて、今度は何人を自己ベストに導いてあげようかな!?
posted by ひかる先生 at 09:38| Comment(0) | 馬耳東風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

無題

012.JPG

今季一番の冷え込みだとか・・・。たしかに寒いですが風もなく、いいお天気ですね。しばらくはこんなお天気のようです。

昨日、女性のゴルファーと一緒にラウンドする機会が有ったのですが、その方、プロのコーチについて一年半ほどレッスンを受けているそうなんですが、ずっと同じ練習ばかりで、飛距離が前より落ちてきたことからそのコーチのレッスンに疑問を抱き、コーチを替えようかどうしようか迷っているとのことでした。
私はゴルフの指導を語るほど上手ではないので、『指導』ということに関してだけアドバイスをしました。
私の仕事もそうなんですが、指導者に疑問を持ったら、その指導者とは離れるべきだと思うんです。友だち同士や男女間でもそうですが、『あれっ?』と思いだしたら、相手の欠点ばかりが目につくようになるものです。そうなってしまったら、こんなことでいいのか、という思いばかりが募ってきますから、相手の言うことを素直には受け入れることが出来なくなります。
そんな時はいったんその指導者と離れてみて、他の指導者についてみるのも一つの手立てだと思います。そして改めてその指導者の言っていることが正しかったら戻ってもいいですし、そのまま別の指導者に習うというのでもいいと思います。
人間は感情を持った生き物ですから、相手と合う、合わないということが必ず有ります。感情が合わない相手とは、無理して付き合う必要もないことです。信頼できる相手なら、ずっと付き合って行けばいいだけのことだと思います。

人に何かを教えるって、難しいことなんです。相手のレベルもありますし、そのレベルに合わせられる教える方の技量もありますし・・・。教わる方がビギナーなのか、それともある程度のレベルに達しているのかで、教え方は全然違ってきます。ある程度のレベルに達している方ならば、その指導が何を改善するためのものかは理解してくれますが、ビギナーならば、目的を明確に話す必要が有ります。そして、その結果を素早く体感出来るようにしてあげなければなりません。
うちなんかもそうですよね!?遅くとも、入って2回目あたりの定期テストで結果を出してあげないと、私は信用して貰えません。
その女性と話していて、改めて自分の仕事の難しさを感じた一日でした。
posted by ひかる先生 at 09:51| Comment(0) | 馬耳東風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする